そもそもビジネススクールとは、どのような学校を指すのでしょうか?

ざっくり言うと、ビジネスのやり方を教えてくれる教育機関を指します。しかし、ビジネススクールの定義は日本と海外では多少違いがあります。海外ではビジネススクールと言えば、根本的にMBA(経営学修士)を取得可能な大学院を指します。一方の日本では大学院に加え、企業やその他の機関が提供するコースも含まれます。今回は、そんなビジネススクールに通う利点について考えてみましょう。

ビジネススクールに行くメリット

  • MBAを取得 – ビジネススクールに通う最大の利点と言えばやはり、経営学修士(MBA)を取得することができる点です。MBAを取得することで、キャリアに箔がつき、出世にも転職にも優位に働きます。
  • ビジネス全般の知識を学べる – ビジネススクールでは経営に加え、会計や人事、マーケテイング等、企業経営に必要な知識全般を学ぶことが可能です。
  • 人脈作り – ビジネススクールに通う生徒同士の交流は、今後のキャリアを発展させるうえでプラスに働く可能性が大いにあります。
  • 企業が求めている人材になれる – グローバル化が進むなか、企業も世界と渡り合える人材を求めています。その基準のひとつとしてMBAの取得の有無が問われるケースが増加しています。例えば、日本を代表する企業のひとつに数えられる資生堂は、国内外のビジネススクールでのMBA取得をバックアップする方針を打ち出しています。