以前であれば、MBAを取得するには海外のビジネススクールに留学するというのが一般的なルートでした。そのためには高度な英語力と経済力が必要でした。今日では、日本にもMBAを取得可能な大学院が増え、その数は100校を超えます。さらに、日本人のビジネスパーソンがアメリカに留学してMBAを取得するように、海外の方が日本のビジネススクールに通い、MBAを取得することもあります。そんな時、通常の日本人の生徒と同じように日本語でビジネスを学ぶことは留学生にとっては高いハードルとなります。もちろん、英語で授業を行っているビジネススクールも存在します。日本の企業で働く海外出身のビジネスパーソンや日本の経営手法を学ぶことを望む留学生が参加しやすい環境は整いつつあります。

留学生におすすめの日本のビジネススクール

グロービズ経営大学院 – 2006年、東京に設立された私立の大学院です。1年間でMBAを取得可能なフルタイムプログラム、自分のスケジュールに合わせて受講可能なパートタイムプログラム、そして、オンラインプログラムが英語で提供されています。

名古屋商科大学 – 国際認証を保持している名古屋商科大学のビジネススクールでも、英語でMBAを取得することができます。

テンプル大学 – アメリカのテンプル大学の日本の分校でMBAを取得することができます。週末に授業が開校されています。